いざ女性とご飯に行くことになると不安になります。

「肌が汚い男は恋愛対象外なのだろうか。」

たまにカッコいいとは言われるけれど、お世辞にしか聞こえない。

考えるほど沈む気持ちを誰かに励ましてほしい。
アドバイスが欲しいと思っていませんか?

とくに毛穴汚れがひどく、恋愛をする気になれない。
それなら、毛穴汚れに特化したシャワーヘッド、ミラブルzeroがおすすめです。

これまで肌がコンプレックスで、素直に「カッコいい」を受け入れられなかった。
しかしそれが、ほめ言葉として受け止められるようになります。

実際に、外見よりも中身が大事だという女性は多いです。
外面を磨けば内面も光るため、より内面が光って見えるようになります。
つまり、相乗効果で恋をする気持ちをステップアップしていけるのです。

ただし、肌がコンプレックスでネガティブにふさぎ込んでいると恋を逃します。
女性は肌が汚い男性より、後ろ向きな男性の方が嫌いだからです。
そこで、3つの励ましの言葉をあなたに贈ります。

①お世辞でもカッコいいと言われることを喜べ。
あなたより肌の調子が酷い人はたくさんいます。
不潔なだけで近寄りがたい人もいるのです。

「お世辞」かどうかは相手の本心を覗くほか知るよしはありません。
ただ、言われたことを素直に受け止め、自信にしていった方が精神的に健康です。

②相手は女性。思い切ってスキンケアの相談をする。
あなたが肌を汚いと思っているなら、話題はひとつ持っています。
相手は女性です。あなたよりスキンケアのプロです。
聞いて応えてくれないわけがありません。

スキンケアの話は、共通の話題になるだけではありません。
女性に「自分のために頑張ってくれている」と思わせられます。
相談のつもりがイメージアップにもつながるので、話す価値があるのです。

③「気にせず荒れている。」「悩んで努力しているのに荒れている。」は印象に差がある
肌荒れを放置しているなら、「もっと肌に気を遣った方が良い」。
しかし、肌荒れに悩んでいて努力しているなら、「頑張っているんだな」となります。


あなたは相手のために、今変わろうとしています。
その気持ちを無下にする女性はいません。
頑張って外見を磨いていること、中身が素敵なことに気づきます。

ここまでくると、たまに言われるカッコいいがお世辞ではないと思えるはずです。
磨き上げられたあなたは、心底カッコいいと言いたくなる男になります。

まずは自分を好きになることからはじめてみませんか?

【ミラブルzero】シャワーじゃないシャワー で自分を好きになれる肌を手に入れましょう。